おすすめのコーヒー器具 コーヒーミルの選び方

おすすめのコーヒー器具

コーヒーミル、コーヒーメーカーなど、コーヒー関連器具の特徴や使い方、最安値を調査・紹介

コーヒーミルの選び方・・・「電動」か「手動(手挽き)」か

焙煎されたコーヒー豆は時間の経過とともに劣化(酸化)していき、その速度は空気に触れる表面積が大きい「粉」の方が「豆」よりも速い。

コーヒーを少しでも美味しく楽しむには「豆」で購入し、飲む直前にコーヒーミルで挽くのがベスト。

===================

家庭用のコーヒーミルには「電動」と「手動」があり、「手動」はハンドルを手で回してコーヒー豆を挽くことから「手挽き」コーヒーミルとも言われる。

どちらが良いかは条件による。

1.一度に挽く「コーヒーの量」が多い場合は「電動」、少ない場合は「手動(手挽き)」
2.時間がない場合は速く挽ける「電動」、時間ある場合は「手動(手挽き)」
3.力の弱い方やお年寄りは「電動」の方が楽

挽く量が少なければ「手動(手挽き)」でも良いが、多い時には「電動」のほうが断然楽。

但し、挽く量が多くても時間に余裕があるのなら、のんびりと「手動(手挽き)」でガリガリ挽くのも楽しいので一概には言えない。

手挽きコーヒーミルは、本体を押さえながらハンドルを回してコーヒー豆を挽くので、押さえやすい方が使い易い。

商品によっては押さえにくかったり、力が入りにくかったりするので選ぶ時には注意すること。

良いコーヒーミルの条件は「均一に挽けて熱を持たない」事と言われるが、これは業務用のコーヒーミル(グラインダー)の話で、家庭用は殆ど関係ない。

家庭用コーヒーミルは、上記の条件+価格、デザインで決めれば良い。

美味しいコーヒーを楽しむには・・・

1.良いコーヒー豆を購入する
2.抽出する時に、抽出方法に合った粗さの粉にする
3.適正な温度で抽出する

全自動やミル付きコーヒーメーカー以外の場合、コーヒーミルは必須アイテムです。


手動(手挽)コーヒーミル 一覧




家庭用電動コーヒーミル 一覧




コーヒー ブログランキングへ

***********************

コーヒーミルの選び方【3】

コーヒーをおいしく飲むにはコーヒー豆を抽出する直前に挽くのが一番。

焙煎したての豆を購入し、抽出する時にコーヒーミルで挽くことが家庭で美味しいコーヒーを味わう一番のコツ。

これさえ守れば一段と美味しいコーヒーを愉しめる。

焙煎されたコーヒー豆は、その直後から香りや風味が低下するのでなるべく自家焙煎店などで焙煎したてのコーヒーを購入する事。

更に購入するときには「粉」ではなく「豆」で購入する事!

コーヒー豆を粉にするには「コーヒーミル」が必要。

家庭用のコーヒーミルには「手動(手挽き)」と「電動」の2種類。

「手動」は文字通り手でハンドルを回して挽くので「手挽きコーヒーミル」とも言われる。

「手動」は少ない量を挽く時や、時間に余裕がある時には雰囲気が良いのでおすすめしますが、多い量を挽くには時間がかかり大変。

その点、電動コーヒーミルは多い量でも短時間で挽くことができるので、とても便利です。

それぞれにいろんな形のコーヒーミルがあるので、価格やデザイン、使い勝手で選んで下さい。

おすすめの「手挽きコーヒーミル」
おすすめの「電動コーヒーミル」



コーヒー ブログランキングへ

***********************

コーヒーミルの選び方【2】

コーヒーを抽出するには、当然ながらコーヒー粉が必要。

最初から挽かれた粉を購入しても良いが、コーヒーを少しでも美味しく淹れるには豆で購入し、飲む直前にコーヒーミルで挽くのが一番。


コーヒーミルの選び方【2】
====================

<選び方のポイント>
1.「電動」にするか「手動(手挽き)」にするか?
2.価格
3.デザイン


1.電動か手動(手挽き)か
================

一番最初に考えるのは、「電動」にするか「手動(手挽き)」にするかだ。

・手間をかけたくない、楽に挽きたい
・時間的な余裕がない
・挽く量が多い
 ↓
電動コーヒーミルがおすすめ


・挽く手間は苦にならない
・時間に余裕がある
・それ程多くの量は挽かない
 ↓
手挽きコーヒーミルがおすすめ


2.価格
=======

価格によって飲む時の味に影響する事はない。

価格の違いは主に材質やデザイン性によるものなので、信頼できるメーカーの気に入ったデザインを選べば良い。

コーヒーミルそれぞれの刃の構造により、粉がある程度均一に挽ける商品とバラつきのでる(微粉が混じる)商品があります。



3.デザイン
=========

コーヒーミルは長い間使用する事になるので、デザインは重要だ。

ザッセンハウス」や「プジョー」等、デザインが良くインテリア性に優れた商品は価格が高くなる。

普段はほとんど室内で使用するが、キャンプ等アウトドアで使用するような場合は携帯性、収納性などを考慮する必要がある。

=====

コーヒーミルは挽く時に熱が加わらない方が良いと言われるが、それは業務用の話であって家庭で挽く量くらいでは全く問題ない。実際に味の違いはわからない。

コーヒーを美味しく抽出するにはコーヒーミルが絶対に必要です。

粉で購入した時とは違って一段と美味しくなること間違いありません。


コーヒーミルの選び方【1】


コーヒー ブログランキングへ




クレジットカード