おすすめのコーヒー器具 手軽にコーヒー豆を焙煎をするなら「ハンドロースター」

おすすめのコーヒー器具

コーヒーミル、コーヒーメーカーなど、コーヒー関連器具の特徴や使い方、最安値を調査・紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手軽にコーヒー豆を焙煎をするなら「ハンドロースター」

一番安価で、手軽にコーヒー生豆を焙煎するならこの「ハンドロースター」がおすすめです。

銀杏を煎るための道具らしいがコーヒー焙煎にも使るので、これがあればとりあえず好みの味作りを楽しむことができる。

使い方は簡単で、コーヒーの生豆を入れ、弱火のガスコンロ上で左右上下に振るだけ。

生豆が白っぽくなってきたら火を少し強めにし、その後パチパチと弾ける音が始まったらまた弱火にする。

パチパチ音が終わるころが中煎りでここからは好みの色になるまで焙煎し続ける。

<目安>
・中煎り:一度目のパチパチが終わったころ
・フルシティー:2度目のパチパチが始まったころ
・フレンチ:2度目のパチパチが始まり1分ぐらい
・イタリアン:2度目のパチパチから2分ぐらい

好みの色になったら火を止めてザル等に移し、うちわ等で風を送ってかき混ぜながら冷やせば出来上がり。

冷やさなくても良いがそうすると焼きが進んでしまうので、通常は冷やします。

<注意点>
・生豆を入れすぎると均一に焙煎できない
・煙、チャフ(コーヒー豆の薄い皮)が出る
・手が熱くなるので手袋を着用したほうが良い

最初から強火にすると豆の周りだけが焦げて中まで火が通らず、中が焼けていない状態になってしまうので注意すること。

※ 最安値調査中! 一番安いのはここ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

18-8 ハンドロースター(木柄丸型ギンナン煎り)
価格:2879円(税込、送料別) (2017/1/17時点)




コーヒー ブログランキングへ
***********************

[ 2017/01/17 21:17 ] 焙煎機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。