おすすめのコーヒー器具 コーヒードリップに適した注ぎ口の細い電気ケトル 「ラッセルホブス カフェケトル 7410JP」

おすすめのコーヒー器具

コーヒーミル、コーヒーメーカーなど、コーヒー関連器具の特徴や使い方、最安値を調査・紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーヒードリップに適した注ぎ口の細い電気ケトル 「ラッセルホブス カフェケトル 7410JP」

ラッセルホブスは1952年に創業されたイギリスの代表的な家電ブランド。

1955年にお湯が沸騰すると自動的に電源が切れる「自動電源OFF機能」を初めて搭載した電気ケトルを発売。

ラッセルホブスは電気ケトルの代表的なブランドとして確固たるポジションを確立している。

コードレスタイプなので持ち運びが自由で、コンセントさえあればキッチンやリビング、寝室など、どこでも好きな場所でお湯を沸かすことができる。

沸騰した直後でもケトルの底部は熱くならず、ナベ敷き不要でそのままテーブルの上に置いても大丈夫。

細長い注ぎ口なので湯量を調節しやすくコーヒーをドリップするには最適、又、注ぎ口が下のほうに付いているので最後までお湯をしっかりと注ぎきることができる。

スイッチを下に押し、沸騰してから約30秒後に自動的に電源が切れる安全設計。

30秒間沸騰し続けている間にカルキが抜けるようになっているので、美味しいコーヒーが淹れられる。

水が入っていない状態でスイッチを入れても電源が切れる、空焚き防止機能が付いています。

※ 最安値調査中! 一番安いのはここ↓






■ その他の電気式ケトル







コーヒー ブログランキングへ

***********************

[ 2016/04/28 23:10 ] コーヒー関連器具 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。