おすすめのコーヒー器具 3,000~8,000円で販売されている手挽きコーヒーミル 

おすすめのコーヒー器具

コーヒーミル、コーヒーメーカーなど、コーヒー関連器具の特徴や使い方、最安値を調査・紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3,000~8,000円で販売されている手挽きコーヒーミル 

時間に余裕があるのなら手挽きコーヒーミルがおすすめ。

手挽きコーヒーミルの価格は1,700円位から10,000円以上まで、いろんな種類が販売されている。

今回は3,000~7,999円の価格帯で販売されている商品それぞれの最安値です。


カリタ クラシックミル

コーヒー豆投入口にフタがついた手挽きコーヒーミル

他の機種に比べると、上の金属部がクラシックな感じなので高級感がある。




ハリオ ホビー MHEC-4C

ハリオの手挽きコーヒーミル

オーソドックスな形で粗さ調整も簡単。

使用しないときに豆投入部にのせる「ほこりよけカバー」が付いている。




ハリオ スモールコーヒーグラインダー MM-2

ハリオグラス社の手挽きコーヒーミル。

シンプルな作りだが本体は上品で光沢のある天然木。

粉の粗さ調節は上部のつまみを回すだけなので簡単!

コーヒー豆の投入部にフタがついているのでほこりなどが入らず衛生的。




カリタ 銅板ミル AC-1

本体側面が銅板の手挽きコーヒーミル。

褐色の側面銅板はアンティークな落ち着いた雰囲気を感じさせる。

他のカリタ社手挽きコーヒーミルと同様に、粉の粗さは、軸上部のL字型金具で簡単に調整が可能。

粗さ調整方法




カリタ CT-5

中型の手挽きコーヒーミル。

中央にガラスの筒があり、中の様子を見ることができる。

上のホッパー部分が大きく開いているのでコーヒー豆は入れやすいが、挽いてる時にコーヒーの欠片が飛び出ることがある。




カリタ アンチックマップ

カリタ社の手挽きコーヒーミル。

側面は地図がデザインされた陶板。

姉妹品に「アンチックハウス」がある。




カリタ アンチックハウス

側面陶板にはハウスのイラストで、クラシックなデザインの手挽きコーヒーミル。




Kalita カリタ 手挽きコーヒーミル K-2

Kalita カリタ 手挽きコーヒーミル K-2
価格:4,190円(税込、送料別)

カリタ K-2

小型ながら純銅製なので、ずっしりとしていて頑丈な手挽きコーヒーミル。

刃は硬質鋳鉄製臼刃使用により耐久性も十分。

下半分が粉受けとなっているので、挽き終わったあとは上部を回して外す。




カリタ K-1

小型ながら純銅製で重量は940g、刃は硬質鋳鉄製。

粉の粗さは本体上部のL字型ピンと歯車で調整可能。
粗さ調節方法

銅独特の風味があるのでインテリアとしてもおすすめです。




ハリオ ロマン MRS-8N

ハンドルに加工が施されていて、レトロな雰囲気の手挽きコーヒーミル

上のホッパー部分が大きく開いているのでコーヒー豆は入れやすいが、挽いてる時にコーヒーの欠片が飛び出ることがある。




ザッセンハウス・ミル リマ

ドイツ、ザッセンハウス社の手挽きコーヒーミル。

ザッセンハウスは120年の伝統を誇るプロの職人達により作られている、確かな品質で有名な高級手挽きコーヒーミルのブランド。

ザッセンハウスには色んなデザインの商品があるが、中でもこの「リマ」は、コーヒーミルのイメージを一新した斬新なデザインが特徴。




カリタ アンチックグローブミル

中央の丸い部分は地球儀をデザインしている。



手動(手挽)コーヒーミルの粗さ調整方法

※ この他の価格帯
2,000円以下で販売されている手挽きコーヒーミル
2,000円台で販売されている手挽きコーヒーミル
8000円以上で販売されている手挽きコーヒーミル



コーヒー ブログランキングへ

***********************

[ 2015/01/08 20:13 ] 手挽きコーヒーミル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



クレジットカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。