おすすめのコーヒー器具 3,000~10,000円で販売されている電動コーヒーミル

おすすめのコーヒー器具

コーヒーミル、コーヒーメーカーなど、コーヒー関連器具の特徴や使い方、最安値を調査・紹介

3,000~10,000円で販売されている電動コーヒーミル

時間にゆとりがあったり、挽くコーヒーの量が少ない時には手挽きコーヒーミルでも十分だが、数杯分のコーヒー豆を挽くのなら電動コーヒーミルの方が楽。

電動コーヒーミルには刃の形状によりプロペラ式、ディスク式、コーン式などがあり、一番安価なのはプロペラ式。

3,000~10,000円で販売されている電動コーヒーミルそれぞれの最安値調査中!


カリタ CM-50

コーヒー豆を入れフタをしてスイッチを押すだけの簡単操作で、一度に挽ける豆の量は50gまで。

フタをしないと回らない安全設計。

プロペラ式は、スイッチを押している間だけ刃が回る構造なので、長く押しているほど細かくなる。



ハリオ シャトル EMS-5W

シンプルなデザイン。ハリオのプロペラ式電動コーヒーミル。

プロペラ式なのでスイッチを押を押している間だけ刃が回転し豆をカットする。

一度に挽けるコーヒー豆の量は60g。

他のプロペラ式電動コーヒーミルに比べ、形がシャープでスッキリとしていて、本体のカラーも清潔感があるので女性に人気がある。





メリタ パーフェクトタッチ CG-5B 【本体価格 11,000円】

メリタ社のディスク式電動コーヒーミルで、エスプレッソ用の細挽きから粗挽きまで設定可能。

豆を入れるホッパー容量は100gと大きめ。

横についているダイヤルで粗さを調整し、正面の目盛で杯数(量)を設定してからスイッチを押すだけ。

プロペラ式と違って、設定した粗さと量で自動的に止まる。





ラッセルホブス コーヒーグラインダー 7660JP

独自のカッター形状により挽きムラを軽減したプロペラ式電動コーヒーミル。

グラインディングボウルは本体から取り外し可能なので、挽き終わったコーヒー粉をフィルターにセットするのも簡単。

深いグラインディングボウルにより、カバーを開けた時も周りにコーヒー粉が飛散しにくい設計になっている。

コンパクトタイプでありながら150Wのハイパワーモーターを搭載しているので、中挽きなら10秒位で挽くことができる。





カリタ C-150 【本体価格 8,000円】

カリタのディスク式鋳鉄製硬質臼刃カッターを採用した電動コーヒーミル。

ディスク式とはコーヒー豆を挽く刃の形が皿状になっているもので、対になった2枚のディスクのうち1枚が回転(1枚は固定)することにより豆を挽く方式。

容量は100gで、1分間に挽く能力は70g。

粗さ設定は8段階で、細挽きからレギュラー用の中挽き、パーコレーターなどの荒挽きまで可能。

電源コードは底面のコードリールに巻付けて収納できる。





カリタ セラミックミル C-90 【本体価格 12,800円】

カリタのディスク式電動コーヒーミル。

ディスクはファインセラミック製なので切れ味が良く、耐久性は抜群。

粉の粗さは極細挽きから粗挽きまで9段階の調整が可能。

プロペラ式コーヒーミルとは違い、予め粗さを設定することができる。



■ 3,000円以下で販売されている電動コーヒーミル
■ 10,000以上で販売されている電動コーヒーミル



コーヒー ブログランキングへ

***********************

[ 2015/01/23 18:22 ] 電動コーヒーミル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



クレジットカード